大学生のうちに絶対に読んでおかないと後悔するおすすめの本Best3!


 

read-515531_1920

大学生の皆さん、本を読んでいますか?

今回は3回生の私が新入生の時に読んでおけばと後悔した本

Best3をご紹介します!

 

大学生という時間

thinking-767040_1920

 

大学生というのは人生のモラトリアム期であるという言葉があります。

モラトリアムとは、簡単に言うと人生について考える時間

この時間を有効に使う為、

知識を取り入れるのに最適なのが読書!

そこで週に3冊は読む読書家の私が新入生の時に読んでおけばその後の過ごし方が変わったなという本を紹介したいと思います。

いくつも紹介したい本はありますが、今回は絶対に読めるように数は少なく3冊だけ紹介します。

ネタバレにならないよう勧める理由だけ書いておきますね!

 

 

①エッセンシャル思考

 

まず1番目にご紹介するのがこのエッセンシャル思考

これは、考える方法を教えてくれます。

この思考法を身につけておくことで、大学生活に本当に必要なことが何か

何が一番優先なのかわかるようになり無駄な時間を過ごさずにいられると思います。

これによって全ての時間があなたにとって価値あるものに変わること間違い無しです!

 

 

②金持ち父さん、貧乏父さん

 

2番目に紹介するのがこちら金持ち父さん、貧乏父さん

日本人は小さいころにお金について学ぶことがほとんどありません。

しかし、社会人になるためにお金に対して正しい知識を持つことは必要です。

そこでこの本はお金に関する考え方を教えてくれます!

お金を稼ぐことが悪だみたいな風潮に流されず、

しっかりとした考えを学ぶことで「お金のために働く人生」とはおさらばできること間違い無し!

この本は大学生と言わず、中学生ぐらいの時に読みたかった本です。

 

③自分の中に毒をもて

 

最後に紹介するのがこちら!

この本の著者は太陽の塔で有名な岡本太郎さんです。

特徴的な発言で有名な人物で、その個性は本の中にも表れています。

人生で大事なのは、自分を殺し、自分と戦うことで

社会の矛盾に立ち向かう勇気を身につけることである。

他人の価値観ではなく、自分という価値観をしっかりと持ち続ける大切さと

自分に妥協しない大切さを教えてくれます!

 

 

おわりに

アマゾンのレビューを見ても本の価値が高いことは明白

紹介したのは選りすぐりの作品ばっかりです。

あなたには絶対に後悔して欲しくないので、値段も手頃で即買いできるものばかり

すぐにでも買って読んでほしいです!

あなたの友人に大学生がいたらこの記事を絶対紹介してほしい、

この本は、大学生の友人に対するプレゼントにもおすすめ!

それでは、あなたにとって価値ある大学生活が送れることを祈っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です