ビジコンKINGの疑問に全て答える!不安ゼロで臨むために知っとくべき4つのこと


Business Contest KINGにへの疑問、不安を過去の参加者が徹底レポート!

 

どんな生活なのか、どんな参加者がいるのか、今後にどう役立つのか。

そんな疑問もこれを見れば全て解決!

 

ビジコンKING
出典:http://www.king-waav.org/

KINGの特徴

合宿形式

一般のビジネスコンテストに比べ7泊8日という長い期間。施設に缶詰で192時間にも及ぶ連続思考は正直かなりきつい!つらい!

しかしその先でしか得られないものが必ずある。

 

初対面チーム形式

出典:king2012-waav.blogspot.com
出典:king2012-waav.blogspot.com

 

歳、学部、性格、バックグラウンド。自分とは全く違った人物と共同生活をし、プロダクトを完成させなければならない。社会人では当たり前なこの状況を学生で経験できるのはかなり大きいはずだ。

 

社会人の交流、講演

出典:www.hascuration.com
出典:www.hascuration.com

 

2日〜3日ほどある社会人のフィードバックを始め、プレゼンのコツ、アイデアの出し方、まとめ方などの講演も充実している。会食の機会もあり貴重な仕事の話も聞けるだろう。

 

KING中の生活はどうなっている?

宿泊施設

オリンピックセンター

こちらを参照
http://nyc.niye.go.jp/category/facilities/

プランニングは国際交流棟の国際会議室で行われる。部屋は宿泊棟Bの4人部屋が基本。お風呂は大浴場で他チームとの貴重な交流の場になるだろう。(シャンプー、リンス、ボディソープ有り)

 

1日のスケジュール

スケジュール

基本的に朝から晩までほぼ施設に缶詰状態で、睡眠中以外ほぼプランニングで頭がいっぱい。まさに192時間連続思考。

国際会議室でのプランニングが終了したあともチーム毎に部屋で続くことになるので就寝時間は2時3時になることがほとんどだろう。

 

食事

出典;ameblo.jp

朝食は施設内の食堂でバイキング形式になるが、昼食、夕食は出ないので売店で買い食いが多くなる。スタッフが許してくれれば施設近くで外食もできる。

 

 

実際どのぐらいお金がかかる?

参加費は27000円だが、前述の通り昼食、夕食は自腹。個人差はあるが交通費も含めれば費用は35000〜50000円ほどだろうか。

 

 

参加者の傾向

学部、男女比、地域、学年

ビジコン仲間

商、経済、経営学部を始め文系が多い。理系は2割ほど、男女比は7:3程度。

北は北海道から南は沖縄まで日本全国から学生が集まる。MARCH、関関同立、早慶、旧帝大等の有名大学の学生が多い。

全学年参加しているが、目立つのは2.3年生。就活を終えた4年生などもいる。

 

チームについて

選考課題の結果から運営がバランスの取れたチームになるように編成する。人数は4〜6人が基本。+TF(Team Facilitater)、CS(Care Staff)で構成される。おそらく全員初対面になる。

 

今後にどう活きるのか

社会人と知り合えて、就活にも有利に働く!

出典:via-career.jp
出典:via-career.jp

1週間のうち2日、社会人によるフィードバックを得られる。会食の機会もあり、名刺交換などもでき、就活には有利だ。また参加したこと自体に就活で面接官が食いついてくる。

 

自分を成長させるきっかけになる

課題解決、立案、フィードバック、プレゼンなど、1週間を通して必ず今の自分の弱点、実力不足が浮き彫りになる。それをしっかり振り返ることができれば大きな収穫になることは間違いない。

 

一生の人脈ができる

IMG_6486

1週間寝食を共にし、同じ目標に向かって進んだチームメイトとは志を共有できる仲間になる。

そんな仲間はそう出会えるものではない。そういった意味でもKINGは大きな価値を持つ。