【日中友好訪中団】学び・楽しむ国家プロジェクト|海外に行きたい学生必見です!


海外に行きたいけどお金が・・・

大学生らしいことをもっとしたい!

国際関係・問題に興味がある

このままだと履歴書に書くことがない・・・

 

そんな学生に朗報!!!

 

日中友好訪中団というプロジェクトで参加費1万円で全国の学生100人と中国を6泊7日することが出来るんです!

(渡航費・宿泊費・食費・移動費込み)

 

日中友好訪中団

出典:http://www.kindai.ac.jp/keizai/new/post-25.html
出典:http://www.kindai.ac.jp/keizai/new/post-25.html

 

日本で選抜された全国の大学生100人が年に3回中国の大学生と実際に交流することで相互理解を深め、中国の生活文化に直接触れ、より客観的に中国を理解することを目的とされています。

私は日中友好訪中団に参加するまで、確かに報道で知る中国の、PM2.5問題、領土問題など「不」を感じるものが多かったと思います。

だけど、中国の良さや、中国から見た日本はどう映っているのか

実際に行ってみることで初めて気づくことが沢山ありました。

この日中友好訪中団では、中国の歴史・今を実際に目で見て、肌で感じ、現地の学生と交流することでお互いの国を相互理解することができます。

そして、その相互理解が深まるほど、今後の日中関係の未来が、個人の価値観を形成できるきっかけになりました。

 

実際に参加した私の感想は「とにかく楽しかったです!笑」

 

選考方法・倍率

応募方法は大学の仲介を通さず日本中国友好協会から個人応募となります。(なので認知度が低いのでは・・・)

 

全国で100名の大学生・大学院生・短期大学生・専門学生が選抜されます。

年に3回派遣されるので年間で300人派遣されることになります。

 

募集時期ははっきりは決まっていません。

しかし2ヵ月~3カ月おきに募集がかかりそして派遣されているので、時々募集が始まっていないか確認しておくことがオススメです!

また、大学に国際課がある大学は国際課と連携して情報に敏感になっておくのもいいと思います!

 

選抜方法は書類審査のみです。

履歴書・参加動機(A4一枚)・大学の教授の推薦状(任意)

この3点のみです!

意外と簡単!と思った方も多いのでは?

 

更に日中友好訪中団の選考倍率は私が参加したときは1.4倍程でした。

138人のエントリ―で選抜されたのが98名でしたから、国家派遣プロジェクトの中ではチャレンジしやすいと思います!

 

参加するにあたって

 

中国語しゃべれないけど大丈夫かな?と思うかもしれませんが、参加者のほとんどの方がしゃべれないです。ただ報道ではなく自分の目で中国を確かめたいというマインドは高い学生が多かったです。

 

通訳の方も常にいて、学生交流も日本語を学んでいる中国の学生なので、基本日本語で生活できます!

ただ英語が少し喋れると自由時間の外出がより楽しくなると思いますよ!

 

出典:http://www.softbridge.co/
出典:http://www.softbridge.co/

 

派遣団体等

 

中国政府招請事業

派 遣 ・ 実 施: 公益社団法人日本中国友好協会

中国受入機関: 中国日本友好協会

 

 

日付 日程 (著者が参加した2015年度第三陣の日程です)

 

12 月 1 日 (火)

午後 中国大使館にて研修会

夜 中国大使館にて壮行会

securedownload

初めて大使館の中に入るという経験でした!

外務省の方の日韓の考え、そしてこのプログラムの意味を教えて頂き、気を引き締めました。

夕食は団員全員で和気あいあいと大使館で食べ、皆がより仲良くなるきっかけにもなりました(#^^#)

12 月 2 日 (水)

午前 研修会

午後 成田より北京へ移動

foreign201502110829000164699526262

参照http://j.people.com.cn/n/2015/0211/c94473-8848924.html

初めて北京についたときの「感想は道路が広い!」でした 笑

そして本場の中華料理の美味しさに感動する日々が始まりました\(^o^)/

 

12 月 3 日 (木)

午前 万里の長城(居庸関)見学

午後 故宮博物院見学 夕方 歓迎宴会(貴賓楼飯店)

4.0.1 JP
参照 https://www.ab-road.net/asia/china/beijing/

初めて見る万里の長城は圧巻でした!

実際に登るのはしんどかったですが、見える景色や実際に肌で触れることで歴史や文化をより密に感じることができました!

12 月 4 日 (金)

午前 北京より杭州へ移動 午後 浙江工商大学訪問

12 月 5 日 (土)

午前 杭州師範大学訪問

昼 杭州師範大学学生との昼食会

午後 自然博物館、省博物館見学

74

実際に中国の学生と交流する中で、日本のサブカルチャーの話題でとても盛り上がりました!

アニメ・ドラマ・漫画など日本の良さや影響力を実際に感じることが出来ました。

そして連絡を交換し現在でも連絡を取り合うなど、確かな交流となりました(^^)/

12 月 6 日 (日)

午前 京杭大運河観光エリア(刀剪博物館、傘博物館等)見学

午後 何坊街見学 夕方 歓送宴会

36

おみあげも安く買えるのも中国の良さです♪

ゆっくりと観光地を回っていきます(#^^#)

 

12 月 7 日 (月)

午前 杭州より上海へ移動

午後 上海環球金融中心、商業施設見学

shutterstock_187300646-1000x641

参照 https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/china/3334/

上海の夜景は今まで見た中で一番綺麗でしたでした!

社会人になったらここで仕事がしたいと感じるほど、活気や可能性を感じる都市です(^-^)

 

12 月 8 日 (火)

午前 上海より成田へ移動

URL  http://www.j-cfa.com/img/visit/pdf/third-timetable2015.pdf

 

 

実際に参加してみて

houtyuu

様々な価値観を手に入れることができる訪中団でしたが、その中でも特に印象的だったのは訪中を共に回った仲間です。 彼らのマインドは様々で、起業家思考、海外に興味がある、アーティスト、今の自分を変えたいなど、意識の高い学生や、自分の考え、信念を持っている学生が多かった、そんな彼らと友達になり、そして利害関係などを全く考えない親友となり、交流を深める中で数え切れないほどの価値観・考え方・生き方を学びました。その学んだことは今でも自分の胸の中で響いているし、また自分の人生の教訓となり、そして彼らが自分の目標となる訪中団でした。

日中友好大学生訪中団2015第三陣として、中国大使館、北京、杭州、上海を訪問したことによって、報道の情報ではなく、自分の目で見て、交流して、触れて今の中国に対して考えを持てたこと。そして訪中団の仲間に出会えて最高の思い出を一緒に共有できたことは、青春の1ページと財産になる訪問となりました。これからは両国の友好の懸け橋となるような経済人として活躍していきたいです。

 

日中友好訪中団は参加費が1万円で行けること・選考倍率が今は他の国家派遣プロジェクトの中でも倍率が低いこと・そして世界の同世代が意識できること

このことを踏まえて、後輩にお勧めしたい度は120%です!

海外に興味がある、日中関係・問題に興味がある・もっと勉強がしたい、新しいことの挑戦したい学生は是非トライしてみてください(#^^#)