【保存版】テックキャンプ大阪に参加している大学生の初めてのプログラミングと中間レポート


大阪テックキャンプに参加している大学4年生の体験談と中間レポート

テックキャンプとは

code-820275_1920

 

未経験からサービスをつくることが出来るエンジニアになる短期集中プログラミング学習プログラムです。

 

 

最高の学習教材

学習効率を高めたプログラムで未経験者でも一気に実力をつけます。本気で技術を身につけたいならテックキャンプでロケットスタートを切りましょう。

 

いつでも質問可能

キャンプ中はメンターが常時待機し、1秒でも早く参加者の疑問を解決します。

※土日祝日含む11時〜23時の間教室&オンラインで質問受付

 

テックキャンプに参加した動機

road-368719_1280

まず簡単に著者の説明をさせて頂きますと、私は大阪の私立大学経営学部4年生です。内定先は東京都内の上場IT企業に総合職(SEではない)に勤める予定です。現在web制作会社で長期インターンとしてweb マーケティング部にて働いています。自分の強みはコミュニケーション能力だと思っています!

 そんな私がTECH::CAMPに参加した理由は大きく3つあります。

 

1 コミュニケーションできる幅を広げる為

今後の未来を想像した時にどんな仕事についたとしてもITは必要な時代になってくると思います。著者自身は本当は勉強がすごく嫌いなのですが、将来仕事でエンジニアの方と沢山コミュニケーションをとって強みを生かして働きたいと考えたのでTECH::CAMPに参加しました。つまりエンジニアになりたかったわけではなく、マルチなコミュニケーション能力をつける為に参加しました。

 

2 今後のキャリアを考えて

「エンジニアの気持ちがわかるマーケティングマネジャーになる為に」

著者個人の考えなのですが、キャリアは終身雇用ではなく能力・実績を積んで努力で上げて行くものだと考えています。その能力・実績とは自分の中でプログラミング×マケーティングを強みに努力していきたいと考えていたので参加しました。

 

3 作りたいモノを自分で表現できるようになる為に

学生時代はビジコンに多く挑戦してきました。その度このビジネスモデル自分で作れたら面白そうなのになと常に思っていました。きっとWeb上における自己表現のおもちゃを手に入れたいと思って参加したのだと思います。

スポンサーリンク

 

テックキャンプに参加するにあたって

software-463495_1920

テックキャンプに必要なモノ

・パソコン

・参加費

・学習時間

・やる気(目標設定)

 

パソコン

プログラミング学習なのでパソコンは必須です。

理想はMacのノートパソコンです。理由としてはWindowsのカリキュラムも用意してあるのですが、講師陣もMacのパソコンを利用されている方がほとんどですので質問がスムーズだと感じたからです。

 

ちなみにMacのパソコンのレンタルも行っているので、Macで作りたい方も安心して受講できます。

 

参加費

学生の参加費は一ヶ月 64000円です。

 

少し高いと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが様々な割引制度が用意されています

友達と一緒に始めた割引、紹介割引、説明会・イベント参加割引などがあります。

著者はビジネスコンテスト参加者割引という特殊な割引で参加しました。

 

学習時間

週に24時間確保が推奨とされているので

一日に3時間〜確保できた方がいいです。

 

 後でも紹介しますがテックキャンプ成功の鍵は学習時間の確保だと思います。個人的な感想として時間確保が難しい方、多忙な方は時間を作ることに取り組んでから参加されることをオススメします。

 

やる気(目標設定)

テックキャンプでは様々な目標設定の方が参加されているように感じますが、総じてやる気が高いと感じました。もちろんビジネスでより高い成果をキャリアアップを目指して参加されている方もいますが、テックキャンプでは最後に自分が作りたいwebアプリケーションを作ることが出来ます。なので自分がこのキャンプを通じてどんなアプリケーションを作成したいのか頭に描きながら学習していくと、ワクワクもしますし、自分が今学んでいる部分がどこに利用できるか俯瞰的に学べることができるのである程度のやる気と目標設定があった方がいいと感じています。

 

テックキャンプに参加してみて

IMG_2537

 私はテックキャンプ大阪梅田校にてwebアプリケーションコースを受講しています。参加者は社会人と学生が4:6位の割合で、男女比が5:1位の割合です。基本的にインターン終わりの夜に参加しているのですが教室には10人くらいの受講生が真剣にプログラミングカリキュラムをこなして、わからなければメンターに質問しているという感じです。

 実際に梅田校に行かないと質問出来ないという訳ではなく、Skype相談も11:00〜23:00までいつでも受けつけているので自宅での学習も大丈夫です。

 

テックキャンプを受講して半月が経ちますが、現段階でのよかった点と悪かった点をあげていきます。

 

良かった点

・プログラミングの概念が全体像が初めて理解出来た

・HTML・CSSという一番学びたかったことは、基本ではあるが3日で終わった。

・メンター陣が優しい(大阪校はほとんどインターンの学生で運営されているようです)

・動画のカリキュラムがあるので、動画で大枠の流れを掴んでから学習することができたこと

・16時、20時に休憩タイムが設けられていてお菓子を食べながら雑談を楽しむことが出来ます。

・コーヒー・紅茶・お茶が無料で飲めること。

 

悪かった点

・最寄り駅(JR大阪駅)から若干遠い。徒歩15分位。

・時間確保が難しい中での受講であり、現在形でかなり体がしんどい。

・基本的に自発的な学習を前提としているので、自己管理ができる方向きだと思われる。

・学習しなくなった人に対するフォローが明確に見えない。

 

が現段階で感じている感想です。

スポンサーリンク

 

テックキャンプでの挫折・乗り越える為にしたこと

出典:https://zuuonline.com/archives/106587
出典:https://zuuonline.com/archives/106587

挫折

 

ぶっちゃけ一時期挫折しました。理解度もあるんですけど何より時間が確保出来なくて、目標設定より5日分10日目にして遅れが出たんですよね。またそこの原因が自分の能力不足だという所を落とし所にして悲観的にテックキャンプを捉えるようになりました。

 

乗り越える為にしたこと

 

簡単にいうと生活習慣の見直しと、できること・出来ないことの見直しです。強制的に現在置かれてる状況の改善案を72通りアイデア出しして、見えないモヤモヤを下記のように可視化したんです。

目標設定シート.001

その中でもっとも効果があったのは通勤時間の動画学習でした。毎日の通勤が往復で2時間あったのでその時間を動画学習に切り替えただけでも、理解度は向上しました。

 

自作ですがフォーマットを貼って置くので学習に行き詰まりを感じた方は是非活用してみてください。

名称未設定1.001

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)を成功させる為には

computer-1173446_1920

現段階で言えるのは

十分な時間の確保と自分をセルフマネジメントすることです。

 

 タイトなスケジュールの中でテックキャンプのカリキュラムを全て終わらすことはしんどいです。また疲れた状態での学習はやはり集中力にも欠けますし万全の体制を整えての受講が好ましいと思います。

 万全の体制とは「最近暇だな」と思えるくらいの時間と心の余裕です。

 

そして自分をセルフマネジメントしていくことも必要です。今日の目標値、一週間の目標値、理解するための自分なりの効率化、隙間時間の活用など自発的な学習を継続的に続けて行くことが大切です。

 

テックキャンプで手に入るモノは最高の学習環境です。実際に生かすも殺すも最後は自分次第ということを忘れてはいけません。

スポンサーリンク

TECH::CAMP(テックキャンプ)で変わったこと

IMG_2426

現在web制作会社でインターンしているのですが、エンジニアがしている仕事、作業がわかるようになりました。サイト制作の基本的な仕組みは理解できたので、難易度の高いサイト構築とまではいきませんが、制作されたサイトのバグや問題があった場合、どこが問題でどのように改善すればいいのか予測が出き、エンジニアに提言できるようになりました。

もちろん本職の方にはまだまだ及びませんが、新しいワークスタイルが見えてきた気がしています。

 

またアプリケーション・webページを見る目が変わりました。

このサイトはしっかり作ってある。このサイトは範囲指定が甘い。など制作者の目線で見ることが出き始めました。なので面白いサイトの構成があると開発ツールでそのサイトのソースを見たりするようになりました。

 

こう書いてみる内に思ったのですが、かなり日常に変化があったのだなという感じです。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)後半戦に向けて

個人的に精神論で「頑張る」と言うのはそんなに得意ではないので、毎日学習を続けられる仕組み作り 例 個人タスク管理シート・時間管理の徹底化などに努めていきたいと思います。

 

iPhoneアプリコースの保存版テックキャンプレポートはこちらから↓

【保存版-レポート】テックキャンプの1ヶ月オンラインiPoneアプリコースに行ってみた