通勤通学時間の4つの有効的な使い方|無駄に過ごしていませんか?


commutation1

 

自宅から学校・会社までどのくらいの時間を費やしますか?

「長い」と感じていませんか? 「もったいない」と感じたことはありませんか?

大学生の通学時間(片道)の平均約1時間強社会人の通勤時間(片道)の平均約1時間だそうです。

いずれも1時間は要しており、何かをするのには十分な時間だといえます。

もっと1時間半、2時間、2時間半以上〜かかる方もたくさんいるでしょう。

そんな方の為に、通学・通勤の有効的な時間の使い方簡潔に4つまとめてみました。

 

電車でできる有意義な時間の過ごし方

 

電車内では、多くの人が下を向きスマホ📱をいじっています。何を見ているのでしょうか。

また、多くの人がイヤホン🎧をしているのを見かけますね。何を聞いているのでしょうか。

SNS(LINE・Twitter・Instagram etc…)を見ているだけ、音楽を聴いているだけではもったいないですよ?

もちろん決して無駄ではないですが、もっと賢い使い道があるはずです。

 

 

①読書

reading

 

やはり何といっても📖はたくさん読むべき!

本を持ち歩くのが重いという方は、今やタブレットでも読める時代ですので是非小説でも何でもいいので読んでみてください。

またオーディオブック」という、本を耳で聴いて楽しむ方法もあります。

音楽を聴く代わりに本を聴けば、圧倒的に周りの人より効率よく知識を増やせます

 

オーディオブックならFebe(フィービー)👉 https://www.febe.jp/documents/introduction.html

 

②勉強・仕事

work1

 

大学生の場合、就活に向けてTOEIC秘書検定などの勉強を急に始めだす人が多いと思います。

しかし、日々の移動時間でコツコツ勉強をしていればわざわざ後になって勉強する時間も大幅に削減できます

テスト前の勉強、資格の勉強、資料の作成、など勉強や仕事をするのにちょうどいい時間です。

着いてからするのではなく、移動時間で済ませてしまいましょう!

 

③映画を観る

movie

 

片道1時間かかる人は往復で1本、片道2時間かかる人は片道で1本 の映画が観れちゃいます♪

夜更かしして観なくても、いつも通りの生活リズムで観れてしまいます

映画好きにはたまらなく有効的な時間の使い方です。

人生の中で一度は観ておきたい映画はたくさんあります。

是非おすすめの映画を調べて観て刺激を受けてほしいです。

 

 

④睡眠

sleep

 

シンプルに寝るというのも1つの過ごし方です。

大学生、社会人は寝不足な人が多いように思います。

早起きして行っているのに授業で寝ていては意味がありません。

30分、1時間の睡眠で大きく変わるでしょう

 

 

◯まとめ◯

以上、簡潔に4つにまとめてみましたが、もっと細かい事も含めれば移動時間の使い方は様々にあります。

スケジュール管理をしたり、調べものをしたり、重要な相手とやり取りをしたり、、、

「なんだこんなことか、普通じゃないか」と思われた方もいると思いますが、実際これらを実行していますか?

車内からの景色をボーッと眺めているだけの時間があれば、是非有効的な過ごし方を参考にしてほしいです。

代わり映えのない景色が一変して、新しい考え方や世界が見えるようになるかもしれません

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です