行かなきゃ損!空と大地、そして海が好きな人のグランピング【グランパスinn白浜編】


camping-691424_1280

子供の頃に家族や学校、町内会や子供会の催しなどでキャンプに行ったことのある方は多いと思いますが、子供の頃の思い出ではあるものの楽しかった記憶がすぐに思い出せるのではないでしょうか。

私自身、子供の頃のキャンプは楽しい記憶ばかりで大人になっても「またキャンプに行きたいな」とふと思うことがありました。

しかし、実際にキャンプを行うとなると、道具の準備や自分たちでテントを設営したり後片付けのことなどを考えてしまい、初心者であるということもありちょっと面倒だなという感情が出てしまいなかなか一歩踏み出せずにいました。

そんな時にたまたま見つけたのが欧米で始まった新たなキャンプスタイル「グランピング」という存在です。

今アウトドアの世界においてトレンドになっているということなのですが、その紹介をしている記事を見た時にとてもおしゃれで良いなと思ったのです。

しかも、ホテルや宿泊施設が提供するキャンプになっているので道具を用意したりテントの設営などをしなくても良いですし、テントも豪華で過ごしやすそうだと思いました。

でも欧米でのものだったので、日本ではなかなかそういった施設はないのかなと思っていたのですが、調べてみると日本でもそういった施設があったので体験してみることにしたのです。

スポンサーリンク

グランパスinn白浜

出典:http://www.grampus.biz/
出典:http://www.grampus.biz/

私が訪れたのは和歌山にある「グランパスinn白浜」という施設で、ここはアウトドア感は控え気味でテントではなくトレーラーハウスタイプの施設でした。

初めてだったのでそこまで本格的だと途中で疲れてしまうかなと思いましたし、一緒に行った友人も初めてだったのであまり本格的じゃないほうが良いかなと思ったのです。

トレーラーハウスの中は非常にキレイで、まるでホテルや別荘のような感じになっていてガスコンロやテーブルなどの設備が完備されていて、広くて寝心地の良いベッドも完備されていました。

出典:http://www.grampus.biz/#title_annai
出典:http://www.grampus.biz/#title_annai

バーベキューなども楽しみましたが、キッチン設備がしっかりしているので近くで買った地元の食材を使って朝食などを楽しむことも出来ました。

スポンサーリンク

グランパスinn白浜の魅力はグランピング以外にも!

出典:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332641419
出典:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332641419

グランパスinn白浜にはこのキャンプフィールド以外に、フットサルのコートや、温泉を使用したプール温泉などの施設があるので、そういったところを利用することも可能で、私たちは温泉もたっぷりと楽しむことが出来ました。

もちろん、白浜なので目の前には海が広がっています。

出典:all-shirahama.com
出典:all-shirahama.com

私が行った時期は夏だったので、キレイな砂浜で海水浴も楽しむことが出来ましたし、海水浴だけでなくシーカヤックも楽しめました。

シーカヤックは様々なコースが有り、無人島に行くことが出来てそこで手作りのランチが楽しめましたし、シュノーケリングできれいな魚を見ることが出来たりとても楽しかったです。

もちろん、これらにはインストラクターの方がいて事前にレクチャーしてくれますし、一緒に行動してくれるので安心です。

色々なお話も聞くことが出来ましたし、写真も撮ってくれて後日そのデータをメールで送ってくれたので嬉しかったです。

スポンサーリンク

終わりに

初めてのグランピングということでかなりライトな宿泊施設を選んだのですが、それでも普通の旅行よりもかなりアウトドアな感じは味わえましたし、アウトドアにちょっと抵抗のある人でも気軽に誘いやすいなと思いました。

女の子の場合、アウトドアというと夜の虫とかが嫌だという人も少なくないですが、この程度であれば誘いやすいですし絶対に行ったほうが良いと言えます。

私は次はテントスタイルのグランピングをしてみたいねと友人と話しており、友人も最初は興味なかった感じですがおしゃれだし楽しいので今ではかなり前のめりになっています。

本格的なキャンプではなくこういったスタイルからアウトドアレジャーを始めるのも良いのではないでしょうか。